ニキビ跡・色素沈着・クレーター肌のケア、本当にそれで合っていますか?

イメージ左

1つでも当てはまったらしっかりとしたケアが必要!!

・ニキビは治ったが、黒ずみが残ってしまった

・ニキビを潰した後がボコボコしている

・ニキビがあった部分に赤みが残る

・ニキビが治っても繰り返し出来る

1つでも当てはまっている方はお肌が健やかでない証拠です。

今やっているニキビ後ケアを見直す必要があるかも??

ニキビ跡・色素沈着・クレーター肌・繰り返しできるニキビは肌環境に原因あり?

キーワードを含め紹介(右より画像)

ニキビ跡・色素沈着・クレーター肌・繰り返しニキビが出来てしまうといった状態は肌が健やかでない証拠です。 この肌環境の主な原因はずばり2つです。

肌が乾燥している

化粧水、美容液でしっかり保湿をしていると思っていても、ニキビでダメージを受けた肌はうまく美容成分を浸透・吸収してくれません。 表面はしっとりするかもしれませんが、真皮層まで届かないので本当の意味で乾燥は解消されません。 水分が蒸発し肌が乾燥すると、肌バリアが弱まり肌が痛んでしまいます。傷んでしまった肌は、汚れや細菌が侵入しやすい状態になり ニキビを繰り返してしまうのです。

洗浄力の強い洗顔料を使用している

ニキビを治すには、毛穴や皮脂汚れをしっかり落とす事が大事です。しかし、この皮脂も落としすぎると、逆に良くないのです。 適度な皮脂は肌を保護するのに必要です。洗浄力が必要以上に強い洗顔料を使用すると汚れは間違いなく落ちます。 が、皮膚を保護するのに必要な皮脂までも落としてしまい、結果、肌に角質がたまって肌を傷める原因になるのです。

肌の内側からの乾燥を防ぎ、肌を守る皮脂を落としすぎないケアが重要!!

ニキビ跡、色素沈着、クレーター、繰り返しニキビに効果的なケアとは??

肌が内側から乾燥し、肌を守るのに必要な皮脂もなくなってしまった肌は角質が溜まり放題でゴワゴワしています。 そんな肌にはどんなに良いといわれるケア製品を使っても、内側から潤わせる事は難しいでしょう。

そこで効果を発揮するのが、新発想の化粧水「リプロスキン」です。

リプロスキンは古い角質が溜まって健やかでなくなってしまった肌の柔軟性を高め柔らかくします。 柔らかくなった肌は美容成分を真皮層まで浸透させ、吸収することができます。

リプロスキンには美容成分・保湿成分を8種類含んでいるのでこれ1本でもしっかり効果を発揮しますが、 リプロスキンを使って肌を浸透させやすい状態にして、今まで使っていた化粧水をプラスαで使うとさらに効果が実感できます!!

ニキビ跡、色素沈着、クレーター肌の強い味方!!

諦めずに続ける事が大事!!

肌環境は人によって様々です。使ってからすぐに効果を実感できる人もいれば、すぐに効果が出なくて不安になる方もいると思います。 しかし、肌へのダメージ度合いは人によって様々です。 皮膚の深くで新しい細胞組織が生まれ、古い角質がはがれ落ちていく肌サイクルはおよそ28日周期です。 諦めずにケアを続けて肌環境を整えましょう!!

性別、年齢関係なく使える!!

いくつになっても女性は奇麗な肌でいたいものです。年齢に関係なく使えるのもうれしいですね! そして、ニキビ跡、色素沈着、クレーターに悩んでいるのは女性だけではありません。 男性だって奇麗な肌でいたいと思っています。リプロスキンは男性の肌でも効果を実感できます。

10代から60代まで使用されているリプロスキン

リプロスキンはニキビ痕、クレーター、色素沈着で悩める方の強い味方です。

ニキビの後の悩みと言ったら、

・黒ずみが残る

・肌が凸凹する

・ニキビのあった部分が赤くなっている

・せっかくニキビが治ってもまた繰り返しできてしまう

というのが大半ではないでしょうか?

このように肌が健やかでなくなってしまうのには原因があります。

肌の乾燥をそのままにしていると、肌を保護する必要な皮脂が失われます。 結果、肌のサイクルが不安定になります。

また、洗浄力の強い洗顔料を使用していると、余分な皮脂はキレイに落とせますが、 同時に肌を保護する必要な皮脂も落としてしまい、余計に角質がたまります。 古くなった角質がたまると、肌がゴワゴワして、美容液をつけても浸透しません。

まずはこのゴワゴワした肌を緩めて、美容成分を浸透しやすい状態を作り出します。 しっかりケアしていけば、赤ちゃんにも負けない肌を手に入れられます。 赤ちゃんの肌のように、1ヶ月周期で古い角質がはがれ落ちていくサイクルをつくることで 繰り返すニキビを防ぎ、赤く残ってしまったニキビ痕、色素沈着、クレーターを 薄くしていきます。

使い始めはなかなか効果が実感できないこともあるかもしれませんが、 ケアを続けていくことで効果を実感できます。 スタッフから応援のメールをもらえることも継続できる一因になっているようです。

Copyright © ニキビ跡・色素沈着・クレーター肌への正しい化粧水の選び方 All rights reserved